日本有機地球化学会

会長の挨拶

 本学会の歴史は,1972年に日本地球化学会の夜間小集会で設立した「有機地球化学談話会」に始まります.その後,1985年に「有機地球化学研究会」,2002年に「日本有機地球化学会」と名称変更し今日に至っています.本学会はこれまで任意団体として活動してきました.最近,公益法人の改革に関する新しい法律が整備され,学会組織は比較的容易に法人格を得ることができるようになりました.法人格を得ることで本学会が社会の一員として認知され,本学会の活動や公益性をさらに広く理解していただけるようになります.現在,本学会の法人化を実現するべく将来計画委員会を中心にその手続きを進めているところです.
 有機地球化学談話会の発足から数えると,本学会は 2022年に50周年を迎えます.この間,有機地球化学を取り巻く社会環境は大きく変化してきました.大気二酸化炭素濃度や有機エアロゾルにまつわる諸問題,シェールガスなどの非在来型石油資源の台頭,海洋・極限環境での生物有機地球化学の新展開,そして,国際深海科学掘削計画(IODP)や大宇宙を舞台にしたサンプルリターン計画など,有機地球化学の活躍の場は益々拡大しています.一方,有機物分析や質量分析に関する技術は革新的に進歩しており,超高感度・超高分解能分析技術によって,有機地球化学は新たな領域に入りつつあります.人類の知的な欲求を満たすだけではなく,人類の生存を支える学問として,有機地球化学はしっかりと根を生やしてきたのではないかと思います.
 本学会の正会員の多くは,地球惑星試料や環境試料に含まれる有機物質に注目して,化学,地球・宇宙科学,生物科学を横断する研究教育や企業活動に携わっています.有機物質をコアにして,多様な会員と身近にディスカッションできるのも本学会の魅力の一つではないでしょうか.学生会員は,本学会の活動を間近に見ることで,将来の進むべき道について多くのヒントを得ることができるはずです.学会誌,Researches in Organic Geochemistry (ROG) は,オープンアクセスによって会員の研究成果を広く発信しています.現在,本学会のウェブサイトを通して「地球・環境有機分子質量分析マニュアル」を発信しており,年々完成度が増しています.これからも,本学会ならではのユニークな活動を発信し,学問の発展に貢献したいと考えています.
 有機地球化学は,生命が関与した有機物から,非生物的な有機物まで,多様な炭素化合物に関する学問分野です.地球の大深部から,海洋,大気,そして大宇宙の彼方まで,あらゆる場所に炭素化合物が存在しています.このような炭素化合物に関心のある研究者,教育者,企業人,学生が集い交わる場として,日本有機地球化学会は発展を続けています.今後はシニア会員制度を整え,シニアの皆さんと共に新たな会員を迎えて裾野を広げながら,現代社会にふさわしい身近な学会組織として着実に発展を続けたいと願っています.今後とも,皆様のご理解とご協力をお願いいたします.


北海道大学大学院・理学研究院・鈴木檮s(2018年4月)

このページの先頭へ