日本有機地球化学会

学会アーカイブス

会員名簿・最新資料の公開

有機地球化学会では総会議事録,運営委員会議事録を公開しています.各種議事録はニュースレターに掲載されています.ニュースレター,メールニュースは下記よりダウンロードして下さい.
※ 会員名簿は会員のみに提供しています(非定期).

ニュースレター (PDF ファイル) ニュースレター公開版.

News Letter No. 65(2017年1月21日 Updated !)
Acrobat ReaderのDownload Siteはこちら

学術賞受賞者履歴一覧

有機地球化学賞(学術賞)
受賞年度 受賞者名 研究題目
2016年度 山本 正伸 バイオマーカーによる古海洋環境の復元に関する研究
2015年度 該当者なし
2014年度 三瓶 良和 石油天然ガス根源岩の堆積環境に関する有機地球化学
2013年度 坂田 将 天然ガス・石油の成因と微生物の寄与に関する有機地球化学的研究
2009年度 奈良岡 浩 宇宙地球物質に含まれる有機化合物の同位体組成に関する研究
2008年度 早稲田 周 天然ガスの同位体地球化学的研究
2007年度 井上 源喜 南極大陸マクマードドライバレーの有機地球化学的研究
2006年度 平井 明夫 根源岩の熟成度評価法の確立と本邦における石油システムに関する研究
2004年度 田上英一郎 海洋におけるアミノ酸・タンパク質の起源とその動態に関する研究
2003年度 氏家 良博 有機熟成度指標stTAI の提唱とその地質学への適用に関する研究
2001年度 河村 公隆 降雪・氷床コアの有機物解析による大気環境復元の研究
2000年度 武田 信従 根源岩の圧密熱分解実験による石油生成に関する研究
2000年度 福島 和夫 酸性湖を中心とした異なる環境下での堆積物中の鎖状脂質化合物の特徴に関する研究
1999年度 鈴木 徳行 速度論的アプローチによる有機物熟成過程の研究
有機地球化学会奨励賞(田口賞)
受賞年度 受賞者名 研究題目
2016年度 該当者なし
2015年度 中村 英人 陸上植物および微細藻類のバイオマーカーによる化学分類、古環境復元の研究
2014年度 齊藤 諒介 ペルム期末大量絶滅直後の前期-中期三畳紀の酸化還元環境と生物の復元
2013年度 金子 雅紀 堆積物中の微生物バイオマーカーの炭素・水素同位体比の研究
2012年度 高橋 聡 古生代-中生代境界における海洋域深海堆積岩の古生物学的地球化学的研究
2011年度 山本 真也 陸起源バイオマーカーの安定同位体比による大気循環と陸域環境変遷に関する研究
2010年度 大場 康弘 炭素質隕石中有機化合物の安定同位体組成とその同位体分別プロセスに関する研究
2009年度 柏山祐一郎 化石ポルフィリンの分子レベル安定同位体組成に基づく古海洋環境復元手法の確立と応用
2008年度 齋藤 裕之 海洋堆積物中の各種ホパノイドに関する研究
2007年度 藪田ひかる 種々のスペクトル手法によるケロジェンおよび隕石中不溶有機物の解析
2006年度 力石 嘉人 植物脂質化合物の炭素−水素同位体比同時解析とその堆積物バイオマーカーへの応用
2005年度 奥田 知明 多環芳香族炭化水素類の分子レベル安定同位体比測定の地球化学的応用に関する研究
2005年度 山下 洋平 海洋における溶存有機物の化学形と動態に関する研究
2002年度 山中 寿朗 島弧–背弧系海底熱水活動域における熱水性石油の研究
2001年度 早川 和秀 沈降粒子中の脂肪酸を指標としたプランクトンブルームの評価
2001年度 松本 公平 ステロール炭素安定同位体比測定と地球化学への応用
1998年度 古宮 正利 連続昇温加熱による南極炭素質隕石中の不溶性有機物分解とその組成の解明
1997年度 山本 正伸 アザーレン組成に基づく石油移動の有機地球化学的研究
1997年度 山田 桂太 個別炭化水素の安定同位体組成による有機地球化学的研究
このページの先頭へ